B型肝炎給付金について

昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種等(予防接種またはツベルクリン反応検査)の際に、注射器(注射針または注射筒)が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方が最大で40万人以上いるとされています。

この方々への救済として、給付金が支払われる事になりました。このB型肝炎特別措置法は時限立法のため、平成29年1月12日までに請求手続きを済まされた方が対象となります。

  • 給付対象者:1次感染

    満7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日生まれに限ります)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方が対象となります。

    給付金請求に必要な書類もご案内しております。※ご本人が死亡されている場合は、ご遺族の方も対象となります。

    > 詳しく見る

  • 給付対象者:2次感染

    1次感染者から母子感染された方が対象となります。給付金請求に必要な書類もご案内しております。

    ご本人が死亡されている場合は、ご遺族の方も対象となります。

    > 詳しく見る

  • 給付金額

    「死亡・肝がん・肝硬変(重度)」の方への給付額3600万円を上限とし、病態に応じて給付金が支給されます。感染を確認するための検査費用や、感染を防止する医療費なども支払われます。

    ※訴訟手続きを弁護士に依頼した場合、手当金として、「弁護士費用」が支払われます。

    > 詳しく見る

  • 給付を受け取るまでの流れ

    医療機関などから必要書類を収集した後、裁判所にて和解協議を行います。和解成立後、支払基金より給付金が支払われます。

    ※裁判手続きや必要書類の収集はとても煩雑になりますので、弁護士にご相談されることをおすすめします。

    > 詳しく見る

請求期日

平成29年1月12日までに、「請求手続き」* を済ませる必要があります。


*「請求手続き」とは

  • 以下の必要書類等を準備し、裁判所に提出する必要があります。

  • ・裁判に必要な資料(医療記録等、病態を証明する書類など。医療機関より収集します。)
  • ・国に対する給付金請求の訴状など

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせください

TOP