給付金額について

病状別の給付金

  • 死亡,肝がん又は肝硬変(重度)
    発症後、20年経過していない
    3600万円
    発症後、20年経過している
    900万円
  • 肝硬変(軽度)
    発症後、20年経過していない
    2500万円
    発症後、20年経過している

    治療中600万円

    治療していない300万円

  • 慢性B型肝炎
    発症後、20年経過していない
    1250万円
    発症後、20年経過している

    治療中300万円

    治療していない150万円

  • 無症候性キャリア
    集団予防接種の日から、20年経過していない
    600万円
    集団予防接種の日から、20年経過している
    50万円+検査費用等

無症候性キャリア…B型肝炎ウイルスに感染しているが、肝炎を発症していない(検査では肝機能が正常な)方

上記給付金の支給を受けた方の病態が進展した場合には、既に支給された給付金との差額分が追加給付金として支給されます。

その他の手当金

  • 訴訟に係る弁護士費用として上記給付金額の4%に相当する額
  • 特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用(一部)
  • 慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費
  • 母子感染防止のための医療費
  • 世帯内感染防止のための医療費
  • 定期検査手当

「必要書類の精査」「訴訟の手続き」「裁判所での協議」「給付金請求の手続き」…など

請求にかかわる煩雑な手続きは、すべておまかせください。

B型肝炎給付金請求にかかる費用

B型肝炎給付金請求にかかる費用

  • お電話やご来所でのご相談は何度でも無料です。初期費用はかかりません。
  • 当事務所の弁護士費用7%のうち、4%を国が補助しますので、ご負担は実質3%となります。
  • 実費は、提訴時にご負担いただきます。

費用を詳しく見る

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせください

TOP